もったいないね

大谷ね。こういう上二刀流を続けたほうが良いのか?っていうのはあるけれどもね。どうにか?とね。
これは何かとあるのでしょうね。165移動を投げ入れるやり方できるので、投手というのもあるし、打者でですけれども、そうなれば四六時中探るやり方望めるというやり方ね。
ここからは個人的にね。
おいらは二刀流の前提として、ひとたび野手で原則打席は到達するやり方。これは最低ですやり方。きっちり原則打席枚数を達するためには、先発投手でやることは無理でしょうね。
となると、二刀流するには、リリーフ投手。クローザーで行くことしか今や切り口はないは想う。
1コンペティションMAX30球までで。というため、それから、大層MAXで手っ取り早い球をペース割り当てを考えないでやること。
8回までDHないしはファースト、レフトまたは光線でスタメンで、9回1イニング、クローザーで現れるというやり方。そうするしかないのかな?ってね。
先発投手で投げないことでないっていうのは、惜しいね。http://pcbproto.co/